2015.01.15 Thursday

旅カフェ

0
    京都に行った時のこと
    幻のパンケーキがあると聞き食いしん坊ゆきまろ
    これはぜひ行かねばと鼻息荒く行った先はCafe BLUE FIR TREE


    店内は落ち着いた雰囲気でピカソの絵があちこちに飾られてました
    座った目の前の壁にもピカソの写真が!
    ピカソとにらめっこしながら
    待つ事20分

    とても分厚くて
    食べごたえのあるパンケーキが出てきました
    わーっ☆
    待った分だけ嬉しさもいっぱいです



    ふわふわのパンケーキを夢中で食べてると
    壁に貼られたピカソの視線が。。。
    ふとピカソは晩年になるほど原色をたくさん使って、激しくて明るい絵を書いていたことを思いだしました
    年を重ねるほど芸術家は情熱的になっていくんでしょうか
    全然関係ないけど名物の玉子サンドを出す洋食店が閉店した時の理由が「やりたいことをやりたいから」
    マスター御年97歳
    年を重ねるって楽しいことなのかもしれないなあと
    分厚いパンケーキにたっぷりのメープルシロップをかけて
    こどものようにほうばるのでした

    ごちそうさまでした☆


    Cafe BLUE FIR TREE
    京都市東山区大和路通四条下る大和町6−1
    日宝モア祇園1F
    http://www.cafebluefirtree.com/

    今日もいぐパンを見に来てくれてありがとうございます
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM